意識が高いの私?!

今年話題となった美容系食べ物として、メイソンジャーを使用したジャーサラダやスムージーが挙げられます。

 

 

気密性のあるねじ蓋がある保存用ガラス瓶の事をメイソンジャーといい、しっかりとした気密性のおかげで長期保存が可能となります。

 

 

最初はアメリカで人気になり、コーヒーを入れたりデザートの器として使用されていたのだそうです。

 

 

同時期に女性を中心にスムージーが流行り、その飲料を入れるグラスとしてメイソンジャーが注目されました。

 

 

今では日本でもすっかりメイソンジャーが定着し、スムージーだけでなく色とりどりの野菜を入れていくジャーサラダも定番人気となりました。晴れの日に都会のオシャレなカフェに足を運ぶと、ここぞとばかりに女性陣がテラス席に座り、色とりどりのジャーサラダやスムージーを片手に一息ついています。

 

 

 

更によくよく見ると、大体の女性がスマホでその綺麗なジャーサラダやまるで青汁の様なスムージーを撮影しています。ブログやSNSで紹介する為でしょう。芸能人やモデルさん達が紹介してから人気が広がり、今ではメイソンジャーの蓋の部分にストローを通せる様になっています。

 

 

 

スムージーが苦手だけどオシャレ系飲み物を堪能したい人は、メイソンジャーにカフェオレを入れて飲むのが今っぽいです。

 

 

 

メイソンジャーの特徴である瓶を活かし、外側から“あえて”カフェオレのコーヒー部分と牛乳部分の二層を見える様にして飲むのです。実は私もこの二層カフェオレをあるカフェで注文し、実際に飲んでみました。うん、普通に美味しいですよ。

 

 

 

しかし・・田舎者の性でしょうか。どうしても早めに二層部分をかき混ぜたくなる衝動に駆られます。

 

 

 

コーヒーの苦い味が苦手なので、どうにかして牛乳を混ぜて甘〜いカフェオレにしたいのです。

 

 

でもこれではせっかくのメイソンジャーの意味がありません。横から見て二層になっているのがオシャレなのですから。そして一時期流行ったスムージーも、最近はちょっと下火傾向です。確かに美味しいとは言い難いですから、長く続けるのは厳しいかもしれませんね。

 

 

 

そして流行りが全盛期だった時に我が家に迎えたメイソンジャーの瓶2つ、今は子供部屋にあります。

 

 

1つは小学生の娘がビー玉などのキラキラ系小物入れに、もう1つは保育園に通う息子のミニカー入れに。やはり流行りってこんなものですね。一応物を入れ
て使っているので、我が家ではこの方が実用性が高く良い感じみたいです。